海洋国家日本のこれから

「忘れられた植民地」青島にみる海洋国家日本のこれから 2

いくつかの中国の港湾都市の中で、山東省青島は「忘れられた植民地」と呼ぶに相応しい地だ。青島ビールのお蔭で知名度は高く、中国を訪れたことがない読者でも政治の都北京、経済都市上海に次いで耳馴染みがある街の一つだろう。最近では独特の緑の色合いの瓶をそのまま出す中華料理屋も多い。 ビールに続いて挙がるキーワードはドイツだ。近代史上初めての総力戦となった第一次世界大戦に日本はイギリスの同盟国として参戦しドイツと一戦交えたが、その戦利品として手にしたのが青島だった。日本が青島を手にするまでのストーリーは山川出版の高校日本史にも登場するが、注意深くあとのページを捲っても青島に関する記述はそれっきりだ。冒頭で …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

海洋国家日本のこれから 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。