戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

政府の感染症対策の問題点①

コロナウイルスの感染者数が増加し続け、東京都をはじめとして緊急事態宣言が出されている。 しかし、その前に考えなければいけないのが感染症対策だ。 政府でも感染症対策を行っているが、その対応には疑問が残る。 正しい感染症対策について、考えてみよう。 医療崩壊を防ぐために まず、喫緊の問題となっているのが、コロナ感染者に対応するための病床数の不足だ。 このままでは、医療崩壊が起こるのでは、とも言われている。 しかし、政府では感染者数を減らすことにばかり注目しており、医療供給力の増加という点が抜けているのだ。 現在、日本ではコロナに対応している病院、ベッド数が不足している。 しかし、欧米を見ると日本の …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。