戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

節税と脱税の違い~節税について正しく解釈する~

節税という言葉を聞いたことがある人は多いだろう。 節税は国に納める税金を減らすことだが、具体的な内容については知らない人も多いのではないだろうか? 中には、節税と脱税を同じように考えている人もいる。 その違いと、正しい節税の解釈について解説しよう。 節税と脱税の違い まずは、節税と脱税がどう違うのかを解説する。 節税というのは、自分が納める税金を少なくするため、法の範囲内で工夫をすることだ。 ちなみに、知らないうちに安くなっていたというのは節税に含まれない。 自分で、税金が少なくなるように動いた結果、少なくなるのが節税だ。 また、法に反して税金を少なくすることが脱税になる。 よくあるのが、収入 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。