戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

なぜ3大義務の税金に関して学校で教育されないのか?

日本国民には、「勤労」「教育」「納税」という三大義務がある。 しかし、三大義務に含まれる税金について、義務教育では教えていないのだ。 三大義務といいながら、それはおかしくないだろうか? 実は、そこに日本政府が隠しておきたい真実が含まれているのだ、 なぜ、税金について教育しないのかを解説していこう。 政府が守りたいのは「給料天引き」 現在、多くの人がサラリーマンとして働いている。 サラリーマンにとって、納税といえば給料から天引きされるものだろう。 ところで、その天引きされている内容について、正確に知っているだろうか? 給料から源泉徴収として天引きされているのは、所得税、住民税、健康保険料、厚生年 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。