戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

なぜ日本ではお金に関する教育をしないのか?

日常生活で、お金を使うのは当然のことだ。 今は電子マネーやクレジット決済など、キャッシュレスになることも増えているが、お金を使うことに変わりはない。 しかし、学校ではそのお金のことについて、学ぶ機会がないのはなぜだろう? お金に関する教育がない理由について、考えてみよう。 お金の話=タブー? 日本では、昔からお金に関する教育を学校で行わない。 せいぜい、計算問題として買い物を例にとるくらいだろう。 しかも、それだけではなく日常生活でもお金の話は控える傾向にある。 お金に関して、詳しく聞こうとするのはいやらしいとされる。 また、お金を稼ぐ話に関してはタブー視されることも多い。 お金というのは、そ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。