戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

都構想に賛成してはいけない理由

2020年11月1日に、大阪で住民投票が行われる。 都構想に関する投票なのだが、その詳細はご存知だろうか? 実は、多くの大阪市民が内容をよく理解していないのだが、それでも投票日は近づいてきている。 投票は、そのメリット・デメリットを把握した上でするべきだ。 都構想について、内容を詳しく説明していこう。 ・都構想とは? 都構想と聞いて、大阪が東京のように大阪都になるのか、と考えた人は多いだろう。 しかし、それは大きな間違いだ。 これは、大阪市が持つ権限・力・お金を大阪府がむしり取るための政策なのだ。 今回の投票の結果、賛成多数になってしまうと、現在の大阪市は消滅してしまう。 投票のポスターを見れ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。