戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

消費税の歴史②~シャウプ税制導入

前回は、消費税の歴史について話す前提となる、直接税と間接税についての話をした。この国の税制について語るには、まず知っておかなくてはいけないことがある。 それが、戦後に導入されたシャウプ税制の導入だ。シャウプ税制がどういうものなのか、どういった経緯で導入されたのかを知っているだろうか?消費税について知るには、まずシャウプ税制について知る必要がある。 ・シャウプ税制 第二次世界大戦後、知っての通り日本にはGHQが駐在し、様々な改革を行った。 税制についても例外ではなく、日本の税制を正し、安定した税体系を目指すための勧告が出された。 その案をまとめた使節団の中心となっていたのが、カール・シャウプ博士 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。