戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

2・26事件について考える⑤一種の社会主義革命

学校で歴史を勉強した人は、誰でも一度は聞いたことがあろう“2・26事件”。久しく勉強から離れている人は、それはどんな事件だったのか内容を忘れてしまっているかもしれない。これは、日本と諸外国との状況を見る上では、非常に重要な出来事の1つであった。第1回目は、一般的な2・26事件の内容について確認したいと思う。 皆さんはこの事件についてどのような印象を持つだろうか? 中には、勢い余った青年将校らが、身勝手なクーデターを起こした事件と捉える人もいるはずだ。 しかし、激情的な理由で起こした事件だったのだろうか? 第5回目は、思想的な部分から事件の本質に迫りたいと思う。 ・感情的な事件でなく、合理的な事 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。