戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

2・26事件について考える①一般的に言われている2・26事件

学校で歴史を勉強した人は、誰でも一度は聞いたことがあろう“2・26事件”。 久しく勉強から離れている人は、それはどんな事件だったのか内容を忘れてしまっているかもしれない。 これは、日本と諸外国との状況を見る上では、非常に重要な出来事の1つであった。 第1回目は、一般的な2・26事件の内容について確認したいと思う。 2・26事件はどのような出来事だったか? 1936年2月26日。 この日の早朝に、東京で大規模なクーデター未遂事件が発生した。 日本の歴史の中で、一揆や打ちこわし等は過去にもあったが、多くの人を激震させた出来事の1つにこれも該当する。 クーデター未遂に関わったのは約1500人で、その …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。