戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

靖国問題について考える⑤GHQによる靖国神社焼き討ち計画

皆さんは、靖国神社に焼き討ち計画があったことを知っているだろうか?今までの議論の中には、「焼き討ち」といった過激な話はなかったはずだ。しかし、これが現実になっていないのは、カトリック教会が関係している。第5回目は、靖国神社とカトリック教会の関係性についてお伝えしたいと思う。 ローマ法王庁に救われた靖国神社 長い歴史のある靖国神社は、戦没者が祀られているということで、占領当時GHQから目をつけられていた。特にGHQが懸念していたのは、A級戦犯の存在である。今後の占領政策を行うにあたって、日本人の象徴、精神的な拠り所になる場所をそのままにしておくわけにはいかない、と考えていたのだ。 そのため、靖国 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。