戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

靖国問題について考える⓶靖国神社問題が出はじめたきっかけ

前回は、そもそも靖国神社とは何かといった基本的な部分について述べてきた。 では、なぜ問題視されているのか、問題の本質を理解している人はどれくらいいるだろうか。 第2回目は、問題が生じたきっかけの事象について迫りたい。 問題に至るきっかけは戦後に起こる 靖国神社問題がクローズアップされるようになったきっかけは、太平洋戦争後に合祀された人物たちにある。 それは、以前別テーマで触れた「A級戦犯」。 他の戦死者ならば大きな問題にならなかったのだが、この人たちの合祀された影響で、諸外国(とはいっても、中国と韓国だが)神社の見方が変わった。 彼らは、終戦後に行われた東京裁判で、占領政策を浸透させるための方 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。