戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

大東亜戦争開戦の真実➃大東亜会議について

太平洋戦争開戦前の日本は、決して無謀で野蛮な行動(侵略行為・植民地化)を取っていたわけでなかった。むしろ、そのような動きは、欧米列強の国々にあったのでないだろうか?ところで、開戦前のアジア全体の状況を今一度思い出してもらいたい。今回は大東亜会議をテーマに、アジア全体の動きを見ていくことにしよう。 当時のアジア全体を取り巻く状況 皆さんは、欧米諸国の植民地として、アジアが支配を受けていた事実を覚えているだろうか?特に欧州諸国は、当初はアフリカの植民地化に熱を入れており、度重なる争奪戦を繰り返していた。しかし、広いアフリカといっても限りがある。つまり、植民地化の限界が見えており、得られる資源や領土 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。