戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

大東亜戦争開戦の真実②事実上の宣戦布告、ハルノート

皆さんは、大東亜戦争が開戦するきっかけに、ある文書の存在があったことを知っているだろうか? それは、ハルノート。 この文書が日本に渡るまで、あくまでも平和的な解決を望んでいたはずの日本が、何故急に戦争を始めるようになってしまったのか? 今回は、ハルノートとは何だったのか、隠された真実について解説したい。 日本の努力を踏みにじった宣戦布告文書 ハルノートとは、日本に対してアメリカから出された交渉文書になり、1941年11月に提示された。 私たちは、「交渉」という単語を聞くと、お互いの要望をすり合わせて、合意に向かうためのものだと思うだろう。 しかし、実際の意味合いは違っていたのである。 そこには …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。