戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

大東亜戦争開戦の真実➀開戦時期と理由

皆さんは、日本が大東亜戦争に踏み切った理由を、どのように学んだだろうか? よく言われるのは、「当時の軍部が暴走したから」という説明だ。 しかし単なる暴走で、国の今後を左右する決定をするだろうか? 本記事では、大東亜戦争の開戦時期における真実について迫りたい。 開戦はある日突然起こるのではない そもそも、第二次世界大戦がどのようにして開戦したのか、思い出して頂きたい。 通説ではドイツ軍がポーランドに侵攻して…、という話が一般的だが、実はもう一つの見方が存在する。 それは、ポーランドがナチスを歓迎する意思を見せており、一方的な侵略行動でなかったという事実である。 つまり、心情的には好意的であったの …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。