戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

東京裁判について考える➃人道に対する罪では誰も裁かれなかった理由

東京裁判では、ある罪に関して実質、裁かれていない状況にある事を知って欲しい。 それは「人道に対する罪」だ。 なぜ、誰も裁かれなかったのか、第4回目はその背景について迫りたい。 裁かれなかった理由 東京裁判で人道に対する罪が裁かれなかったのは、当時の社会・政治の状況が関係している。 日本を含め、大東亜戦争時の欧米の国々では、自国にない資源や経済的な影響力を求め、植民地を獲得する政策を取っていた。 アジア圏内では、日本やタイ、中国といった一部の国以外は、全て欧米の植民地となってしまったのである。 ここで、人道に対する罪について少し考えてみよう。 そもそもこの規定は、ナチスが行った自国民であるユダヤ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。