戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

東京裁判について考える③A級戦犯について

東京裁判を知る上で、切っても切り離せないのが“戦犯”である。 有名なのは、死刑判決が下された7人のA級戦犯の存在が思い出されるだろう。 しかしA級だけでなく、更にB級、C級という区別がなされているという事を知っているだろうか? 第3回目は、A級戦犯の概要について説明する。 戦争犯罪類型から見るA級戦犯 戦争犯罪人に適用される戦争犯罪類型には、3つの種類が存在する。 それは、A級、B級、C級の3つであるが、それぞれどのような罪を表しているのかによって分類されているのである。 これらは、裁判時に決められたものでない。 ポツダム宣言の中に記載されている”極東国際軍事裁判所条例第5条(イ)項の中に、戦 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

戦後教育からの脱却 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。