国をまもってきた日本の歴史

太古の昔から連綿と続く我が国は、一度も王朝が変わることなく続いてきた世界でも稀な歴史を持つ国である。そんな我が国が、他国の侵略を受けることなく長い歴史を辿ることができたのは、果たして「極東の島国」という地理的な要因だけが理由だろうか? シリーズ「国をまもってきた日本の歴史」では、気が遠くなるような長い時間、我が国がその美しき国体を守り続けてこられたその根源に見え隠れする、たぐいなき歴史や文化に迫る。

神武東征のあとをたどった「おきよ丸」〈前編〉

国をまもってきた日本の歴史 第4回  前稿では、初代神武天皇が日向(現:宮崎県)を出て大和(現:奈良県)の橿原宮で即位するまでの「神武東征」のエッセンスに触れた。本稿より、その神武東征が紀元2600年記念奉祝事業でどのよ …

国をまもってきた日本の歴史 第4回  前稿では、初代神武天皇が日向(現:宮崎県)を出て大和(現:奈良県)の橿原宮で即位するまでの「神武東征」のエッセンスに触れた。本稿より、その神武東征が紀元2600年記念奉祝事業でどのよ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1000円(税別)

ログインして閲覧する

国をまもってきた日本の歴史 過去記事一覧

太古の昔から連綿と続く我が国は、一度も王朝が変わることなく続いてきた世界でも稀な歴史を持つ国である。そんな我が国が、他国の侵略を受けることなく長い歴史を辿ることができたのは、果たして「極東の島国」という地理的な要因だけが理由だろうか? シリーズ「国をまもってきた日本の歴史」では、気が遠くなるような長い時間、我が国がその美しき国体を守り続けてこられたその根源に見え隠れする、たぐいなき歴史や文化に迫る。

テキストのコピーはできません。