ヘルスディスカバリー

間違いと正解の寒さ対策 -「首」編―

ぐっと寒くなってきましたね。寒さ対策、皆さまはどのようになさっているでしょうか。カイロや温かい下着などで対策されているのではないでしょうか。今回は、「どこ」を温めると寒く感じにくくなるのか、どんなアイテムを使えばいいのか …

ぐっと寒くなってきましたね。寒さ対策、皆さまはどのようになさっているでしょうか。カイロや温かい下着などで対策されているのではないでしょうか。今回は、「どこ」を温めると寒く感じにくくなるのか、どんなアイテムを使えばいいのかを提案していきたいと思います。

首・足・腹を温める

1つめの温めるポイントは「首」です。首は人には3か所あります。頸部の首、手首、足首の3つです。「首」は人体の細くなっている部分を指します。この部分では動脈を触れることができます。つまり、体の表面に近い部分に動脈があるので、外気の影響を受ける部分でもあります。外気の影響を防ぐことによって、寒さから身を守ります。しかし、温め方にもコツがあります。この温め方のコツはこのあと、じっくり説明します。2つめの温めるポイントは足です。そして最後の温めるポイントはお腹です。今回は1つめの温めるポイントである「首」に絞って説明します。

温め方のコツとアイテム

まずは首です。これはマフラーでもネックウォーマーでもOKです。マフラーは首全体を覆うように巻くことがポイントです。首は腹側には動脈が、背中側には神経が通っていますので、両方を温めてあげてください。神経を温めると、リラックス効果があります。リラックスすることで、手足の末梢の血管が拡がります。血管が拡がることで温かい血液が身体のすみずみまで行きわたります。

次に手首です。みなさんは手袋をお使いでしょうか?その手袋はどのようなものでしょうか。私がお勧めする手袋は、手首をしっかりと覆うも、ボアなどで温かく工夫されているものを選ぶことがコツです。手袋よりもお勧めなのはハンドウォーマーです。ハンドウォーマーですと手首をしっかりと覆うことができるだけでなく、ハンドウォーマー内の湿度も適度に逃げます。手袋ですと湿度が逃げず、手袋を脱いだ後に湿度のせいで内部が冷えてしまうことがあります。また、スマホの操作も簡単にできるというメリットもあります。

最後に足首です。寒いと靴下をはいて眠るという方もいらっしゃると思います。寝る時も起きているときも足首を温めるにはレッグウォーマーがオススメです。レッグウォーマーはふくらはぎから足首を温めるものがあります。足首をしっかり温めるだけでも十分な効果がありますが、ふくらはぎを温めることで、ふくらはぎの筋肉が産生する「熱」を保つことができます。詳しくは次回しっかりと説明したいと思います。

温めることによってこんな効果も!  このように身体が温まるとほっこりします。あたたまることで、リラックスを促す副交感神経が優位になり、抵抗力がアップします。抵抗力がアップすることで、風邪をひきにくいからだにもしてくれます。どうぞ、お試しくださいね

ヘルスディスカバリー 過去記事一覧

テキストのコピーはできません。